脳トレアプリ(水着と下着)ネタアプリ作りましたよ

さてさて、脳トレアプリをまた作ってみました。

んー。どんなのがいいかなぁって考えたんだけど。

やっぱり、探す系のアハ体験が好きなんすよね。

で、どんな画像なら探しててたのしーかなーって。

 

で、できたのがこれ。

脳トレアプリ share40

 

水着の中から、下着を探すという脳トレアプリっw

見ていて、とても気持ちいですw

アプリはこちらから

755のトークまとめ(個人用)

こんにちは。
755ってトークアプリがあるんですが、
参照だけならウェブでできるんですねー。

作業しながら、確認したりするのにはPCのが何かと便利。
だけど、基本スマホ対応なのでリンク用にここにまとめることにします。

ま、徐々に必要なら追加していく方向で。

アプリ開発TIPSストック部屋とぼやき

755

cocos2d-x v3.3 Androidビルド手順メモ

こんにちは。
cocos2d-xにてゲームを作成しています。
iOSメインで進めていたのですが、一区切りついたのでAndroidでビルドしてみようと思ったら
結構はまったので備忘録として残しておこうと思います。

まとめ

  1. std::to_stringが使えない
  2. sqliteを入れた場合、Android.mkに.cファイルを追加

基本的には、Android.mkが問題となるようですね。
とりあえず、メモ。
後々追記していくかもです。

Android.mk

LOCAL_PATH := $(call my-dir)

include $(CLEAR_VARS)

$(call import-add-path,$(LOCAL_PATH)/../../cocos2d)
$(call import-add-path,$(LOCAL_PATH)/../../cocos2d/external)
$(call import-add-path,$(LOCAL_PATH)/../../cocos2d/cocos)

LOCAL_MODULE := cocos2dcpp_shared

LOCAL_MODULE_FILENAME := libcocos2dcpp

# 追加分
CPP_FILES := $(shell find $(LOCAL_PATH)/../../Classes -name *.cpp)
C_FILES := $(shell find $(LOCAL_PATH)/../../Classes -name *.c)
LOCAL_SRC_FILES := hellocpp/main.cpp
LOCAL_SRC_FILES += $(CPP_FILES:$(LOCAL_PATH)/%=%)
LOCAL_SRC_FILES += $(C_FILES:$(LOCAL_PATH)/%=%)
LOCAL_C_INCLUDES := $(shell find $(LOCAL_PATH)/../../Classes -type d)

#LOCAL_SRC_FILES := hellocpp/main.cpp ¥
#                   ../../Classes/AppDelegate.cpp ¥
#                   ../../Classes/HelloWorldScene.cpp

#LOCAL_C_INCLUDES := $(LOCAL_PATH)/../../Classes

LOCAL_STATIC_LIBRARIES := cocos2dx_static
LOCAL_STATIC_LIBRARIES += cocosdenshion_static

include $(BUILD_SHARED_LIBRARY)

$(call import-module,.)
$(call import-module,audio/android)

Application.mk

#APP_STL := stlport_static
APP_STL := gnustl_static
APP_CPPFLAGS := -frtti -DCC_ENABLE_CHIPMUNK_INTEGRATION=1 -std=c++11 -fsigned-char
APP_LDFLAGS := -latomic


ifeq ($(NDK_DEBUG),1)
  APP_CPPFLAGS += -DCOCOS2D_DEBUG=1
  APP_OPTIM := debug
else
  APP_CPPFLAGS += -DNDEBUG
  APP_OPTIM := release
endif

開発したオリジナルアプリに使用させていただいているフリー素材

作成したアプリに使用しているフリー素材の提供者様

素晴らしいフリー素材がなければアプリが作れません。

いつもお世話になっております。

  • 臼井の会
    • 主にキャラチップ。モーションも色々ある上に自由に使っていい。すごい
  • 誰そ彼亭
    • 背景イラスト。ゲームの背景に使わせていただいてます。
  • シアンのゆりかご
    • モンスターイラスト。綺麗なモンスターがいっぱい!
  • アンデッドとか好きだから
    • モンスター素材。名前の通り、アンデッド系とかならここで揃う!
  • 魔王魂
    • 音楽素材がいろいろあって、自由に使える!

利用させていただいた場合、随時追加していきます!

ドラゲナイ自撮りカメラアプリ新着3位げっつ!記念。

ども、久しぶりすぎます。
今日は、作成したドラゲナイ自撮りカメラアプリが、
新着3位!
(メディア&動画カテゴリだけどねw)

うーん!嬉しい!
初のカメラアプリだったけど、自分の欲しいアプリを作ったので
それがなんにせよ形に残ったのは嬉しいですね!
ドラゲナイ自撮りカメラアプリ

ダウンロードはこちらから
Android

UIAlertViewの通知メッセージとOKの動きをWEB連動で動的に変更する方法

タイトルの通りですが、
phpにてJSONデータを作成してiPhoneアプリ内で受け取る事で、
サーバ側の情報でアプリの通知メッセージとOKボタンを押下した場合の挙動を制御します。

php

<?php
$jArray = array();
$jArray['data']['openCls']    = '0';	
$jArray['data']['msgTitle'] 	= "タイトル";
$jArray['data']['msgBody'] 	= "本文";
$jArray['data']['msgCancel'] 	= "Cancel";
$jArray['data']['msgOk'] 	= "OK;
$jArray['data']['url'] 	        = "http://www.yahoo.co.jp";

echo json_encode($jArray);

objectiv-c


NSString * const KEY_OPEN_CLS               = @"openCls";
NSString * const KEY_GO_DETAIL_MSG_TITLE    = @"msgTitle";
NSString * const KEY_GO_DETAIL_MSG_BODY     = @"msgBody";
NSString * const KEY_GO_DETAIL_MSG_CANCEL   = @"msgCancel";
NSString * const KEY_GO_DETAIL_MSG_OK       = @"msgOk";
NSString * const KEY_GO_DETAIL_BEFORE_URL   = @"beforeUrl";



    //jsonで取得して必要な情報を抜き出す
    NSString *str = @"http://****************info.php";
    
    NSURL *httpDataUrl2 = [NSURL URLWithString:str];
    NSURLRequest *request = [NSURLRequest requestWithURL:httpDataUrl2];
    NSData *json_data = [NSURLConnection sendSynchronousRequest:request returningResponse:nil error:nil];
    
    // データが取得できなかった場合の処理
    if (json_data == nil) {
        // 値の初期かなど
        return;
    }
    // NSDictionary
    NSDictionary *jsonObject = [NSJSONSerialization JSONObjectWithData:json_data options:NSJSONReadingAllowFragments error:nil];
    // JsonをDictionaryへ
    NSMutableDictionary *jsonDic = jsonObject[@"data"];
    [self setSharedDicForKey:jsonDic[KEY_OPEN_CLS] forKey:KEY_OPEN_CLS];
    [self setSharedDicForKey:jsonDic[KEY_GO_DETAIL_MSG_TITLE] forKey:KEY_GO_DETAIL_MSG_TITLE];
    [self setSharedDicForKey:jsonDic[KEY_GO_DETAIL_MSG_BODY] forKey:KEY_GO_DETAIL_MSG_BODY];
    [self setSharedDicForKey:jsonDic[KEY_GO_DETAIL_MSG_CANCEL] forKey:KEY_GO_DETAIL_MSG_CANCEL];
    [self setSharedDicForKey:jsonDic[KEY_GO_DETAIL_MSG_OK] forKey:KEY_GO_DETAIL_MSG_OK];
    [self setSharedDicForKey:jsonDic[KEY_GO_DETAIL_BEFORE_URL] forKey:KEY_GO_DETAIL_BEFORE_URL];
    

こんな感じです。
php側でJSONデータを作成して、iPhoneアプリからはそのphpファイルにアクセスしています。
受け取ったJSONデータをNSDictionaryへセットしています。

ここでは、共通で使っているSingltonなDictionaryへ格納しています。

通知を出す時はこのようにしています。


    // 公開区分取得
    NSString * openCls = [model getSharedDicForKey:KEY_OPEN_CLS];
    
    if ([[model getSharedDicForKey:KEY_OPEN_CLS] isEqualToString:@"1"]) {
        // openClsが1の場合のみアラートを通知する。
        UIAlertView *alertView = [[UIAlertView alloc] initWithTitle:[model getSharedDicForKey:KEY_GO_DETAIL_MSG_TITLE]
                                                            message:[model getSharedDicForKey:KEY_GO_DETAIL_MSG_BODY]
                                                           delegate:self
                                                  cancelButtonTitle:[model getSharedDicForKey:KEY_GO_DETAIL_MSG_CANCEL]
                                                  otherButtonTitles:[model getSharedDicForKey:KEY_GO_DETAIL_MSG_OK], nil];
        [alertView show];
    } 

こんな感じで、phpで設定したopenClsを確認し、1に設定している場合のみ
設定したメッセージが表示されるという様な仕掛けです。

仕掛けは単純ですが、アイディア次第で色々な使い方が出来るかもですね!
もっと上手いやり方もあると思いますが、自分はこうやっています。